なまら区分派です。ワンルームマンション投資専門exボロ戸建てほにゃらら~&しょぼくれ大家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょぼくれ37(さーてぃせぶん)

しょぼくれ大家のぶろぐにようこそ!

更新しまくったり、休みまくったりのテキトーぶろぐです。


しょぼくれ

といえば、すーさん44歳が有名ですが、(通称ショボクレフォーティフォー)おつきあいしているぼくも運気が落ちてきてしまい、いつのまにか『ショボク連』の仲間入りを果たしてしまいました。

カリスマ空室党の党員(空室カリスマ党かもしれません)でもありますが、これからは並行してショボクレンもがんばっていきます。


最近のしょぼくれ具合は・・・


さすがにライフさん男の30年ろーんが苦しくなり、なんとかしたくもがいています。

そうです。誰でも考える(笑)借り換えというやつです。


きっかけ

ある不動産投資系の指値がんがんオネエサマから紹介いただいた物件。

これが築浅で評価も売値近くまで出ていまして・・・


これは買いかも!!

と久しぶりに買い付け入れてみました。

入れた時点で3番手でした。満額です、3人とも


金融機関にほとんどコネがないので、さてどうしよっかなー

なんて思っていると、その指値オネエサマ

物件近くの○○○銀行に説明して口キキをしてくれました。


秩父へ行く途中の芦ヶ久保の道の駅で、銀行員さまと30分くらい電話しました。

すると

うちの支店は半径500mなので、そちらの物件は対象外です。


しょぼーん

でも、せっかくお電話いただいたので、机上ではありますが、やってみます


なんて言ってくれました。


5日後


ぷるりんこー。。。♪


行員『たろうさん、物件の評価は2100万円です』

たろう『あわわ。けっこう評価されましたね!』

行員『ですので、融資としては7割の1400ほにゃららです』

たろう『あうぅ。やっぱりそですか』地銀さんですからね。


そんなに手持ちありませーん。

たろう『では、満額をやめて、○○万円に買い付けを訂正します』 (ずるい男なので数字は隠します)


とこのままの状態で1ヶ月近く経ちました。


その間ぼくは


・どうせ順番回ってこないべ?

と諦めていましたが、銀行さんから週1くらいでぷるりんこが。


行員『もしよろしければ、1度当店までおいでいただけませんか?』

なんて優しいお言葉が。


後日、調子こいて銀行に行きました

どきどきです


たろう『どうもはじめまして』

緊張しいなので、あいさつで自分の名前をかんだことあります。北見でダンプの会社に入った10数年前です

行員A『どうもどうも、すみませんわざわざお越しいただきまして』

たろう『えーとー○○さんでしょうか?』

行員A『あ、すみません、それはこちらのものです』

行員B『お電話でいつも失礼しました』

Aさんが33歳、Bさんが24歳です(推定年齢)


会話

たろう『自分の実力の無さが今回の件で改めてわかりました。』

行員A『と言いますと?』

たろう『私には2000万円クラスの物件を買うのは無理ということです。』

たろう『今回、Bさまのお言葉に甘えてこちらに来たのは・・・』

たろう『新規融資は厳しいでしょうけれど、そのかわり借り換えというのは出来ないでしょうか・・・?』

行員A『なるほど、たろうさまの考え、よくわかりました。』

行員A『現在、お借入れの物件資料と共同担保にしている物件の資料などを見せてください』


行員A『・・・たろうさまがご納得いただける提案になるかはわかりませんが、組み換え、できるかもしれません!』

たろう『えーほんとうですか?』


てなわけで話が進みました。



長文って疲れますね。

最近はステキぶろがーさまの記事を読み逃げ専門でやっていましたので、しょぼくれのぼくには厳しいです。

というわけで、つかれたのでさよーなら



不動産投資の収益物件
不動産投資の健美家


すーさんにまた言われる
めだちたがりやだねって。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。