なまら区分派です。ワンルームマンション投資専門exボロ戸建てほにゃらら~&しょぼくれ大家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょぼくれんに入りませんか?

どうも、しょぼくれ37です

早起きしちゃったので・・・

銀行からのその後のお話を書きます。

じつは、そのままの状態で・・・


だらーーん

だらん

と1ヶ月経ちました。


やっぱ、組み換えはムリだったか・・・。だってしょぼくれ大家だもんなー

なんて思っていたころ


ぷるりんこー。。。♪

たろう『はい、たろうです』

行員B『ご無沙汰しております。』

Bさん、電話のときしか話ません(笑)

たろう『どうも、おひさしぶりです。ご連絡ないので、諦めていました』

行員B『いえいえ、そんなことはございません。ひとつご提案の方向が見えてきましたので、もし宜しければ、もう一度お越しいただけませんか?』

たろう『はい、わかりました』


てな流れでまたまた銀行へ

で翌日・・・


またもや銀行ではAさんとの会話のみに^^

行員A『どうも、お待たせしてしまって申し訳ございません』

たろう『いえいえ、で、どうでしょうか?組み換えは可能でしょうか?』

行員A『まず、確認したいのですが、たろうさんは今後、どういうスタンスで不動産と向き合うおつもりですか?』


おっつ。そういう難しいことは言わないで~~

でも、ない頭で考えました

たろう『とりあえず、空室も怖いですし、地震も怖いので・・・小さいボロ系はやめようと思います。それに、すごいエネルギーを必要とするんですよね。古いと。なので、今後は・・・この3つをどういう時点でかは別として、売却を視野に入れて、それを元でに都会で大きめな物件を狙えるようにしていきたいです』

なんてこたえてしまいました。

でも、都心区分も狙ってたりして(まあ、そんなおとこです。しょぼくれんですから)


行員A『たろうさん・・・』

たろう『はい?回答を間違えたかな? 』


行員A『堅いですね』

たろう『そ、そうですかね?コワレ荘築42年のおんぼろを4.7パーセント男の30年ろーんで買ってますけど、それでも堅いですか?) 』


行員A『いや、この数年、ちょっとクビを傾げるような方が多いもんで・・・』

なんか楽しそうなので、聞いてみた

行員A『突然やってきて、東京の3億円のまんそんを買いたいから貸して』

なんてのがときたま来るそうです。

行員A『もしや、どこかの御曹司かも・・ 自己資金はいかほどでしょう?』

傾げおとこ『いや、ないけど?』

行員A『高給取りかもしれないし 年収はどれくらいありますでしょう?』


傾げおとこ『300万円くらいです』



こんなことがたまにあるそうで・・・

行員さんいわく、不動産投資の本の影響でつらつらしゃべっていく人が多いようです。

確かに、机上ではそうでしょう。でも・・・

まあ、そうはいっても、厳しく言うわけにもいかないので、丁重にお断りしています。



この話をたしか、しょぼくれんの総裁に話ました。

あれ?

なんか言ってたけど、わすれちゃった。


すーさん、たしかにしょぼくれています

でも、ほんとはスゴイ人なんですよ。banner2.gif



まんそんもカックイイです。


大きめのをいつか買えるときが来たら(たぶんこない)すーさんにデザインしてもらいたいです。

さいきん、総裁から

す『おい、あんまりしょぼいとか書くなよ!本気にする人がいるだろ!ふざけすぎだろ』

なんて怒られました。どんまいどんまい



北の巨匠にも借り換えの話をしました。


巨匠『たろうさんは、何をしたいんですか?』


けっこう重いお言葉です。


ハテ、何をしたいんだろう・・・。

そこで、ひねりだした答えは・・・


45歳ころにでっかいのを買って、それでいっちょうあがり

ってやつです(笑)

たぶん、ぼくは長生きしません。

生きている間に返せるか、ぎりぎり返せないか。

そんな感じででかいのにレッツゴーです。

って、話たような、していないような・・・。けんぼうきみなので、どうだったか。


巨匠の叱咤激励を受け、何をしたいのか、考えてみようと思います。すぐわすれちゃうんですけど

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。