なまら区分派です。ワンルームマンション投資専門exボロ戸建てほにゃらら~&しょぼくれ大家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅空き家率のにゅーす

きっと、多くの人がこれ読んで、ネタにしていると思いますが。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090728-00000145-jij-soci

住宅空き家率、過去最高の13%=都市より地方で余る-総務省調査
7月28日19時41分配信 時事通信

 総務省が28日発表した2008年10月現在の住宅・土地統計調査結果(速報)によると、全国の総住宅数は03年の前回調査比6.9%増の5759万戸で、このうち空き家は14.6%増の756万戸と、いずれも過去最多となった。総住宅数に占める空き家の比率は0.9ポイント増の13.1%でやはり過去最高。
 空き家の比率を都道府県別に見ると、山梨(20.2%)や長野(19.0%)など地方で高く、神奈川(10.5%)や埼玉(10.6%)など大都市圏は比較的低い。同省統計局は「住宅が余っている上、独居高齢者の入院などによる空き家も増えた」と分析している。 


urlいらないか(笑)貼っちゃったから。


地方の定義もよくわかんないですが、とにかく家があまってるんですね。

都会は上に伸びてるから、戸数は増える。

地方は離農したとことか、もともと土地があるから、ついあぱーととか建てちゃう。

でも、人は減っている。


移民を受け入れないかぎり

または、ぼくのようなしょぼくれがアパート運営をやめないかぎり家はあまっていくのかなと。

ふー

寝よ

不動産投資の収益物件
不動産投資の健美家

スポンサーサイト

コワレ荘でインターネット

店子さまから電話が来ました。


ドキっ!

た『やべ、なんだろう?またねずみかな・・・?』
(電話が鳴って、液晶見たときのとっさの独り言)


できればメールでほしいなぁ


とりあえず

ぷるりんこー。。。♪

た『はい、大家です』

たなこさん『あ、どもこんにちは』

ん!テンション低くないぞ^^

たなこさん『前に相談しましたけれど、ネット引きたいんで工事しちゃってもいいですか?』

なーんだ^^

たろう『ああ、どうぞどうぞ!もうどこでも穴開けちゃってください。』

たなこさん『ありがとうございます。それで工事会社が大家さんのところに書類に捺印が欲しいって言うんですが』

そかそか、そりゃ念のため、所有者にハンコつかせますよね。


てなわけで、退去系の電話ではなくてホッとしました。

このお部屋のたなこさん、おしゃれな青年です。なかなかのイケメンです。

なにゆえ、このコワレ荘?

って感じですが・・・。

いちど、説明でお部屋の中に入りましたが、持ち物がイマドキな感じでした。

照明も、おしゃれぽいのを持ってました。

できれば、今の上下のたなこさんたちには、この建物を壊す4年後まで住んでいてほしいところです(笑)
不動産投資の収益物件
不動産投資の健美家

Trackback*0
Comment*0
△PageTop

安全大会(都会へん)

2009年07月28日(Tue)【未分類】
この日は浜松町で安全大会に参加していました。

会場の前につくと、

『あ、ここ前にも来たことあるっぽい』

そんな感じでした。


あいかわらず、しょぼくれなぼくです。


お取引先の社長さまが前期の工事中の事故について説明をしているときに、携帯が鳴りました。


さすがに出れません。

電話番号は埼玉南部エリアでした。


・・・もしかして、客付けをお願いしている不動産屋かも?

なんて、妄想していましたが。


社長さまのとーく中に留守電に切り替わる音と、吹き込まれている会話をこっそり聞きました。


電話あいて『どうもお世話になっております。○○アパートですが、現在も空室でしょうか?ご案内をしたいと考えているのですが・・・。もし、物件にカギがあるようでしたら、内見させていただきます。』


なんて内容でした。


この間の全空?じけんから一転、満室の可能性も?と妄想。。。


社長さまのあとに

大口の取引先の委員会(いわゆる下請けに入っている社長さまですね)

また違う会社の社長さま


と、何社かのおエライさまがとーくし、最初の電話から1時間後に休憩に入りました。


たろう『あ、すみません、さっきは電話出れませんでした。』

すると

電話あいて(不動産屋の社長)『あのさ、もう決めちゃうよ。ロータリーに○○あるだろ?あそこで働いている青年なんだ。』

たろう『へーそうですか、ぼくは支払い能力さえあれば、どなたでも(ってわけでもないけど)かまわないです』

社長『あるー。保証人が○○の社長だから。』

たろう『親じゃないんですね?』

社長『この○○のテナントもオレんとこで決めているから、何回か会っているけれどいい経営者だよ』

たろう『そのへんの判断は社長にお任せしますよ』


と、こんなかんじ


その青年

17歳なんです。


親じゃないのは不思議ですが、ここの社長さまはじめ、事務員さま、営業さま、皆さん、飛び込みでお願いした私に優しくしてくれた業者さまなんです。

たしか、1時間30分くらいしゃべってしまったような


埼玉西部物件、板橋物件の客つけ業者さまともども、人に恵まれています。うれしいです。



電話の最後に社長さまから


社長『また、こいよ』

といってくれました。とうぜん

たろう『はい、もちろん行きます^^』

社長の政治てきな話も面白かったので、今のこのタイミングだともしかしたら、数時間は帰れないかも(笑)

不動産投資の収益物件
不動産投資の健美家

Trackback*0
Comment*2
△PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。