なまら区分派です。ワンルームマンション投資専門exボロ戸建てほにゃらら~&しょぼくれ大家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安全大会(都会へん)

この日は浜松町で安全大会に参加していました。

会場の前につくと、

『あ、ここ前にも来たことあるっぽい』

そんな感じでした。


あいかわらず、しょぼくれなぼくです。


お取引先の社長さまが前期の工事中の事故について説明をしているときに、携帯が鳴りました。


さすがに出れません。

電話番号は埼玉南部エリアでした。


・・・もしかして、客付けをお願いしている不動産屋かも?

なんて、妄想していましたが。


社長さまのとーく中に留守電に切り替わる音と、吹き込まれている会話をこっそり聞きました。


電話あいて『どうもお世話になっております。○○アパートですが、現在も空室でしょうか?ご案内をしたいと考えているのですが・・・。もし、物件にカギがあるようでしたら、内見させていただきます。』


なんて内容でした。


この間の全空?じけんから一転、満室の可能性も?と妄想。。。


社長さまのあとに

大口の取引先の委員会(いわゆる下請けに入っている社長さまですね)

また違う会社の社長さま


と、何社かのおエライさまがとーくし、最初の電話から1時間後に休憩に入りました。


たろう『あ、すみません、さっきは電話出れませんでした。』

すると

電話あいて(不動産屋の社長)『あのさ、もう決めちゃうよ。ロータリーに○○あるだろ?あそこで働いている青年なんだ。』

たろう『へーそうですか、ぼくは支払い能力さえあれば、どなたでも(ってわけでもないけど)かまわないです』

社長『あるー。保証人が○○の社長だから。』

たろう『親じゃないんですね?』

社長『この○○のテナントもオレんとこで決めているから、何回か会っているけれどいい経営者だよ』

たろう『そのへんの判断は社長にお任せしますよ』


と、こんなかんじ


その青年

17歳なんです。


親じゃないのは不思議ですが、ここの社長さまはじめ、事務員さま、営業さま、皆さん、飛び込みでお願いした私に優しくしてくれた業者さまなんです。

たしか、1時間30分くらいしゃべってしまったような


埼玉西部物件、板橋物件の客つけ業者さまともども、人に恵まれています。うれしいです。



電話の最後に社長さまから


社長『また、こいよ』

といってくれました。とうぜん

たろう『はい、もちろん行きます^^』

社長の政治てきな話も面白かったので、今のこのタイミングだともしかしたら、数時間は帰れないかも(笑)

不動産投資の収益物件
不動産投資の健美家

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

AMAZONから今日届いてあっという間に読み終わりました。おもしろかったですよ。
9月にポートフォリオの組み方と出口戦略についての本が住宅新報社から出版されますのでぜひご覧になってください。

猪俣淳 | URL | 2009年07月28日(Tue)18:48 [EDIT]


猪俣さま

こんばんは
本、発売になったのですね。
ぼくはなんも関係していないんですが、客観的には関係している範疇なんですね。
ただ、スタバで(もういいか・・・。^^)

出口好きなので、見てみまーす。

たろう | URL | 2009年07月28日(Tue)23:18 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。